MODD SaaS ECMの強み

フルスクラッチやECパッケージのカスタマイズ、ASPサービス等と比較した時のMODD SaaS ECMの強みをご説明します。

コスト

  • 初期開発・導入コスト原則無料

    初期開発・導入コスト原則無料

    従来、企業が大規模ECサービスを展開するために必要となる一連のシステムを開発する場合、SI型によるフルスクラッチ開発か、高額なパッケージソフトを利用した拡張・カスタマイズ開発の手法を選択するケースが主流でした。
    いずれの場合も、数千万~億円単位の初期開発費が必要となり、大きな負担とリスクになっていました。
    これに対して、【MODD SaaS ECM】では、既に多数の企業が利用し、多種多様な機能が汎用実装されたECサービス専用SaaSを無償で導入できます。

  • システム&インフラの各種投資不要

    システム&インフラの各種投資不要

    従来、システム開発とは別に、システムを稼働させる為の各種サーバー機器、OSやデータベース等のエンタープライズソフトウェア、ロードバランサー、インターネット回線、IDCラックスペース等々の関連投資が必要となります。
    これに対して、【MODD SaaS ECM】は、それらの全てを一式丸ごとサービスに内包して提供しますので、初期投資は不要です。
    加えて、通常、サーバーやインフラ機器には陳腐化問題や耐用年数の懸案事項が伴いますが、【MODD SaaS ECM】は、弊社側が安定したサービス提供を担う為のシステム機器・インフラ環境の適切なアップグレードを実施しますので、導入顧客による拡張・アップ デート投資は不要です。

  • 機能・性能の無償アップグレード

    機能・性能の無償アップグレード

    キャパシティプランニング、及び性能向上は、SaaSとして弊社が自らのコストで計画的に実施いたします。
    また、顧客企業からの機能要望を汎用化して実装し、エンジン共用顧客へ無償アップグレード提供致します。
    期間の経過と共に自動的に機能が向上していきますので、追加投資なしで新機能を利用した新しい販売施策を実施することが可能になります。マルチテナント型SaaSエンジンだからこそ実現できるコストメリットです。

  • 通常の料金は利用した分だけ

    通常の料金は利用した分だけ

    【MODD SaaS ECM】は原則、ECサイトで販売するためにSaaSのシステムリソースを利用した分の対価のみを頂きます。

    • ・ 利用顧客は、事業収支のコントロールが容易です。
    • ・ 利用顧客の実績において、年間のECシステムコストを50%に圧縮した事例あり

従来のシステムとMODD SaaS ECMの構築・運用費用の比較

従来のシステムとMODD SaaSの構築・運用費用の比較

性能

一般的に、ECサービスを構築する場合、機能の充実と実装に意識・注力が偏り、
性能については、それほど熟慮されない傾向があります。
しかしながら、大規模ECサービスの展開においては、性能がユーザーの快適性と販売向上に寄与し、
販売機会の損失を防ぐ大きなインパクトを与えます。
しかも、これらの性能の向上・確保には相応の投資コストが伴います。
先進の技術とシステムアーキテクチャに基づき設計・開発されたエンジンにより、
サイトの高いピーク耐性と受注処理能力の提供を実現しています。

高い受注処理能力の実現

2,000orders/min※

極めて高いパフォーマンスで、セールやキャンペーンなどのスパイクアクセスにしっかり対応します。

  • ※ 理論値

外部連携

大規模ECサービスを展開する企業の多くは、ECサービスを自社のコアサービス、コア業務と捉え、
業務基幹システム(ERP)、物流システム(WMS)とのシステム連携による、
より効率的なコンピューティングの実現によって、販売規模の拡大と運用効率の向上を必要としています。
お客さまが現在運用されている業務基幹システム(ERP)とのシステム連携により、
経理計上・会計在庫計上の自動化及び正確化が図れ、また、物流システム(WMS)とのシステム連携により、
基幹在庫との精密な連動、出荷処理の自動化が図れ、業務効率と正確性が飛躍的に向上します。

【MODD SaaS ECM】は、外部システムの連携先を制限しない、疎結合による柔軟な連携が可能である事が評価され、
大手企業から選ばれる理由の1つとなっています。

実 績
  • 倉庫、物流システムと緊密な連携
  • 複数倉庫との在庫情報連携
  • 経理計上・会計在庫計上の自動化
  • メール配信サービス連携
  • 業務基幹システムとの連携
  • 食品倉庫との連携
  • 決済モジュール連携
  • CMSとのAPI連携
  • 会員CRMシステムとの連携
  • ポイントバンクシステムとの連携
  • 外部モールシステムとの連携
  • 通販基幹システムとの連携

セキュリティ/運用/保守

上場企業のEC業務プロセスをSaaSで支えている運用実績

複数の上場企業、有名・有力企業に採用されている大規模ECサイト構築・運用支援専門のSaaSです。
セキュリティ、運用、保守の面においても、その高い信頼性が評価されています。

SLA

SaaSとしての詳細なサービスレベルを定めています。

主な区分

・アプリケーション運用(可用性/信頼性/性能) ・サポート(障害対応/問合せ対応)

・セキュリティ ・データ管理(データバックアップを含む各種データの管理)

SaaSだから、システム&インフラ一式をサービス化して提供

アプリケーション/サーバー/回線等を丸ごと貸与する仕組みだから、
各種保守、異常監視、セキュリティアップグレード等、各種運用がストレスフリー。
導入顧客は、24時間/365日の稼働要件が伴う、EC運用業務プロセスにおける
各種ストレスとリスクを大幅に軽減することが可能です。

SaaSだから、システム&インフラ一式をサービス化して提供

キャパシティプランニング

将来の販売計画と、その見通しを立てる作業は極めて難しいものです。
アグレッシブな販売計画と、それを実現する戦略があっても、
十分なキャパシティを有したシステムを確保しておかなければ、販売の増加に耐えられなくなります。
しかしながら、そのためには事前に相応の投資コストが伴います
果たして、どこまで事前に適切なキャパシティプランニングが可能でしょうか。

  • クラウドだからキャパシティプランニングは不要

    クラウドだからキャパシティプランニングは不要

    SI型やASPの場合、データ容量の増加、購買者や訪問者数の増加等によって、サイトのアクセス耐性や受注性能の低下が販売に支障をきたす状況になり、システム増強のための追加の投資・開発が必要となりますが、【MODD SaaS ECM】を利用すれば、キャパシティプランニングは必要ありません。

  • 遊休キャパシティの保有から生じるコストの無駄

    遊休キャパシティの保有から生じるコストの無駄

    季節特性や販売状況に波があるECサイトや、投入商材によって劇的に販売量が増加するECサイトにおいては、販売が少ない期間に、システムを稼働・維持するためのシステム資産とスタッフを自前で保有するメリットはありません。遊休キャパシティの保有は、コストの垂れ流しを意味します。

陳腐化耐性

ネットの利用形態・トレンドが激しく移り変わるB2Cネットビジネスの環境において、
一度開発したシステムがそのままの姿で有効に機能し続ける事はありません。
機能・性能・セキュリティの全てにおいて、
改良・改修・追加の開発行為を継続しなければ、勝ち残る事が出来ません。

  • SIやECパッケージは取得した時が価値のピーク

    SIやECパッケージは取得した時が価値のピーク

    SI(スクラッチビルド、又はECパッケージを利用したカスタマイズビルド)型のシステムは、長い開発期間を経て、稼働を開始した時が価値のピークです。 取得したシステムの各種仕様は、開発期間以前に決定された古いものであり、又、サーバー機器の耐用年数、ソフトウェアの世代アップグレード、コンピューティング技術の進歩等、さまざまな陳腐化問題が伴います。

  • 陳腐化しないシステムを提供

    陳腐化しないシステムを提供

    【MODD SaaS ECM】ではSaaSとして必要に応じた機能・性能・セキュリティレベルの向上を弊社が自らのコストで計画的に実施いたします。 顧客企業からの機能要望を汎用化して実装し、エンジン共用顧客へ無償アップグレード提供致します。期間の経過と共に自動的に機能が向上していきますので、追加投資なしで新機能を利用した新しい販売施策を実施することが可能になります。マルチテナント型SaaSエンジンだからこそ実現できるメリットです。

必要な機能が実装された
“売れる”ECサイト構築のサービスを
無償で導入できます!
まずはお気軽にご相談ください。

サービス、利用料等
お気軽にご相談ください

お問い合わせ

お電話でのご相談も承っています。

03-3230-4115

受付時間/月曜日~金曜日10:00~18:30